のんびり気ままなグルメサイト

北海道のレストランで名物の青いカレーを食べる

青い花といえば、朝顔などがあります。そのほかパンジーなども青いものがあります。そんな中で、バラというのは青いものがなかったということです。そこで、ある会社の研究機関で、青いバラ作りがされたということです。長い研究の成果でやっとできたということです。でも今まで青いものがなかったということで、印象としては変わったということになると思います。それが一般化してくると、青いものでも問題ないということにんるのだと思います。

カレーといいますと、通常は黄色いものが一般的になります。ですから、それ以外の色のものといいますと、抵抗がある人もいるということです。インドにおいてはグリーンカレーをいうものがよくあるということです。野菜が入っているもののようですが、初めてみた人にとっては衝撃的かもしれません。今はインド料理店がたくさんありますから、グリーンカレーを食べることができるお店はよくあります。日本でもなじみになってきたということです。

そんな中で、北海道のレストランであるカレーが名物になっているということです。それは青いカレーというものです。オホーツク海の青を再現したということで、まさに真っ青のカレーになります。料理自体に青というものが少ないだけに印象としては非常に強いものになると思います。味はといいますと、通常のカレーと大きく変わるわけではありません。ですから、さわやかな気分で食べると良いかもしれません。立ち寄ったときは食べて欲しいです。
Copyright (C)2017のんびり気ままなグルメサイト.All rights reserved.