のんびり気ままなグルメサイト

北海道のレストランで名物のスープカレーを食べる

カレーライスといいますと、1週間に1度は食べる料理かもしれません。毎日となると飽きるかもしれませんが、最近は朝カレーがはやっているということです。そういった人は、毎朝食べるということになるのかもい知れません。朝食にしっかりとご飯を食べることができれば、エネルギーの補給にもなります。スパイスもたくさん入っていて、調理方法によっては、野菜などもたくさん食べることができます。健康的ということができるかもしれません。

そんなカレーですが、もともとはインドの郷土料理ということです。それが日本にカレー粉とともに伝わってきました。日本でのカレーは黄色いものが一般的ですが、インドのカレーは黄色とは限らないということです。つまりは、日本のカレーは日本独自の文化を持っているといえるかもしれません。ラーメンに関しても、中国が発祥とされていますが、現在日本の各地にご当地ラーメンが広がっています。中国のものとは差があると思われます。

そんな名物カレーの一つを北海道のレストランで見つけることができました。こちらではカレーといえばスープカレーが一般的ということです。通常のカレーといいますとどろっとしているものですが、こちらのものはあらさらしています。ご飯にかけて食べるというより、ご飯と別の料理を食べるという感覚です。なんといっても、大きく切られた具がポイントになります。こちらでよく取られるジャガイモなども大きく切って入っています。
Copyright (C)2017のんびり気ままなグルメサイト.All rights reserved.